中国の電子タバコ監督管理は間もなく発効する

ビュー : 764
更新時間 : 2022-04-07 17:35:44

中国は3月に「電子タバコ管理方法」を公布し、タバコの味以外の電子タバコ製品の販売を禁止した。世界保健機関(WHO)はこの政策を支持し、今年5月分に強力な実行を期待している。

世界保健機関(WHO)は、電子タバコの監督管理は総合的にタバコをコントロールする手段の一つであり、電子タバコの体、販売、流通が禁止されていない場合、加盟国も適切な監督管理措置を取らなければならないと明らかにした。どうしてそうするの?

大衆を健康リスクから守るためだ。電子タバコは使用者や使用者の周りの人にとって有害である。児童と青少年がニコチンに触れると、脳の発育に影響し、中毒になる可能性がある。

今回、中国の電子タバコ監督管理の発効は世界保健機関の期待を受けている。