ニュージーランドは次世代のために喫煙を禁止する予定です

ビュー : 823
更新時間 : 2022-01-25 14:19:21

ニュージーランドの保健副大臣は最近の記者会見で、提案された新しい規則の下では、18歳でタバコを購入する法定年齢が徐々に上がると述べました。

「私たちは若者に絶対に喫煙させたくないので、若者にタバコ製品を販売することは犯罪になります」

 

ニュージーランド政府は、2022年に提案された法案を議会に提出し、2025年までに喫煙率を5%未満に下げることを望んでいます。

ニュージーランドの成人の喫煙率は近年効果的に管理されており、2011年の18.2%から13.4%に低下しています。

副大臣は、法律に加えて、政府は喫煙者の禁煙を支援するために、たばこ広告の厳格な制限、非常に低ニコチンのたばこ製品の輸入、製造、販売を含む多くの措置を講じると述べた。

 

法律が電子タバコをカバーしていなかったことは注目に値します。電子タバコはまだニュージーランドで非常に人気があります。 2018/19年には、成人の21.2%が電子タバコを試しましたが、2017/18年は18.5%、2015/16年は16.2%でした。